京都人気観光おすすめスポット~京都在住主婦だからこその地元お役立ち情報~

京都で生まれ京都で育ち京都を愛してやまない地元主婦のブログ。京都の人気観光おすすめスポットで「一般には知られていない現地ならではの生きた情報」をお届けします。名所やイベント情報、私が毎日のお散歩で知り尽くしているリアルで役立つ現地情報や、路線バスやタクシーを使ったお得なルート、穴場の情報も満載。御朱印集めと写真撮影が趣味で、毎日京都の街並みを撮影しています。京都の旅を心行くまで楽しんでくださいね

京都御所かいわい

京都御所見学のルートをガイド付きで体験 車椅子レンタルはある?

投稿日:2019年1月22日 更新日:

通年公開になった京都御所見学に行ってきました!
令和という時代を迎えて、かつての天皇のご住まいである京都御所の見学ツアーをしてみませんか?
京都御所の中はとても美しい建物やお庭を見ることができて、しかも無料なので本当におすすめです。
かつての都が今そこに息づいているかのようです。本当に綺麗にお手入れされていて平安京のイメージが湧いてきました。
京都御所の見学ルート、写真撮影について、ガイド情報、車椅子情報などを調べてきました。


スポンサーリンク


京都御所の見学ルートを写真撮影してきました

京都御所の見学は清所門から入って、手荷物検査を受けて許可証をもらってから入ります。
最初に広めの休憩所があり、そこではロッカーや、お土産やさん、飲み物の自販機、トイレなどがあり、休憩することができます。
見学の所要時間は1時間くらいなので、最初にお手洗いをすませていてくださいね。

見学ルートは以下のように回っていきます。

御車寄(おくるまよせ)

諸大夫の間(しょだいふのま)

新御車寄(みくるまよせ)

紫宸殿(ししんでん)

清涼殿(せいりょうでん)

小御所(こごしょ)

御池庭(おいけにわ)

御学問所(おがくもんじょ)

御常御殿(おつねごてん)

御三間(おみま)

京都御所の見学ルート

ルートの案内は看板で出ていて、ところどころに係の人がおられるので、間違うことはないと思います。
休憩所にはパンフレットが置いてあるので、パンフレットをもらっていくと、ルートや建物の説明が書いてあるので、持って行くのが良いと思います。

写真撮影は自由にして良いとのことなので、みなさん自由にスマホで写真や動画も撮られていました。業務用のカメラはNGだということなので注意してくださいね。

無料休憩所には、ロッカーがありました。大きさはトランクが入りそうなサイズと、手荷物を入れておけるようなサイズとありました。
御所は砂利が敷いてあるので、トランクで移動となるととても大変ですよね。

京都御所の見学 ガイドツアーの申し込み

京都御所の見学は各自自由に見ることができるのですが、ガイドの時間というのがあります。
時間は決まっていて、以下のとおりです。

ガイドの時間

日本語:9:30〜、10:30〜、13:30〜、14:30〜
英語:10:00〜、14:00〜
中国語:10:00〜、14:00〜


スポンサーリンク


ガイドツアーへの参加方法は、その時間まで休憩所で待機して、時間になったら休憩所の出たところで集合になります。
私が行った時も15人ほどの人が集まっていました。
日本語だけでなく、英語や中国語もあるので、きっと観光客の方が多いのでしょうね。

時間になるとガイドさんの案内で、ルート通りに説明がなされていきます。
ガイドさんに説明してもらいながらまわると、歴史のことも知ることができて、より一層面白いツアーとなりました。
少しご紹介したいと思います。

御車寄(おくるまよせ)
御車寄(おくるまよせ)は、お客様が牛車で天皇と会うために来られる時用の玄関です。
牛車が停まって中に入る時に、雨風をしのぐために、このような形になっているそうです。
ちなみに、こちらはお客様用の御車寄で、天皇用の御車寄は、みくるまよせと呼ぶそうです。漢字は同じなのですが、読み方で区別していたそうですよ。


諸大夫の間(しょだいふのま)

こちらは、御車寄から入ったお客様の控室です。
奥に行くほど、身分が高くなり、部屋も「虎の間」「鶴の間」「桜の間」とふすまの絵で名前がついています。
ちなみに、虎の間が一番身分が高いそうです。
畳のヘリの色などに違いがありました。


紫宸殿(ししんでん)

一番格式の高い建物で、天皇の即位などが行われるところです。
明治天皇、大正天皇、昭和天皇の即位は、ここでなされました。

京都御所 紫宸殿

天皇からみて、右に右近の橘が植えられ、左には左近の桜が植えられていました。
私が行った時は、橘の木はおおわれていて、寒さよけがなされていました。
寒さから守るために、このような小屋を建てるそうです。
なんともすごい!

紫宸殿


スポンサーリンク



清涼殿(せいようでん)

天皇のお住まいです。ここで日常業務がなされていました。
天皇のスケジュール帳ともいえる、屏風(ついたて風のもの)があり、こちらで毎日の行事がなされていたとのこと。
京都御所 清涼殿

御池庭(おいけにわ)
雨が降っていたのですが、とても美しいお庭でした。
見学者は橋を渡ることはできませんが、いつまでも眺めていたくなる美しさです。

京都御所 庭


御学問所(おがくもんしょ)

読書や和歌の会などが行われていました。この建物で明治天皇が「王政復古の大号令」
を発せられました。

蹴鞠ができるスペースもあります。
外廊下は身分が高い人が通るところで、女官などお手伝いのものは、下床(げこう)と言って、地下にある廊下を通ったそうですよ。
こちらがその写真です。

下床

ガイドさんつきだと、パンフレット以外のことも知ることができて、とても良かったです。
これが無料なのですから、ぜひおすすめしたいツアーですね。

京都御所見学 車椅子のレンタルはある?

京都御所の見学に、車椅子のレンタルはあります。
電動アシスト付きの車椅子になっているので、介助の人は楽だと思います。
御所は砂利が敷き詰めてあるので、車椅子での移動は大変だと思いますが、介助の人がいれば、電動アシスト付きなので見学は可能ですよ。
私が行ったのは日曜日でしたが、こんなにたくさん車椅子が置いてありました。
これを見る限り、随分台数に余裕があるようですね。

京都御所 車椅子

無料休憩所に入る入口も段差がないので、スムーズ入ることができます。
お手洗いも、車椅子用のお手洗いがありました。

京都御所の中専用の車椅子以外に、清所門を出てそのまま南に行ったところに、中立売休憩所があります。

こちらは、2019年1月にオープンしたばかりの、すごくおしゃれなカフェのような休憩所です。

御所 中立売休憩所

こちらには広い車椅子用のお手洗いがあり、中立売休憩所でも車椅子の貸出があります。
見学エリア外の公園部分などをお散歩する時に、車椅子を借りると良いかと思います。

中立売休憩所もバリアフリーでとても清潔。
こだわりのお食事やスイーツを楽しめますし、お土産も京都の人気どころが集まっているのでおすすめです。

さいごに

京都御所の見学はルートをガイドさんつきで行ってきました。
無料で美しい豪華な建物や、美しくお手入れされたお庭などを見ることができて、大満足です。ガイドさんによる説明により、より歴史への理解が深まり、楽しいツアーとなりました。京都旅行の一つのイベントとしておすすめです。


スポンサーリンク


-京都御所かいわい
-, ,

執筆者:

関連記事

蘆山寺 御朱印

蘆山寺の桔梗の見頃と紫式部の御朱印 拝観料、時間、駐車場

蘆山寺(ろさんじ)は京都御苑の東側にある寺町通りに面した、こじんまりとしたお寺です。 境内地のほとんどが、かつて紫式部が住んでいた邸宅があった場所だとされています。 源氏庭に行って、桔梗を楽しんできた …

京都御所の桜の場所と地図、種類と開花情報、時間は?

京都御所がある京都御苑の桜は、無料でゆっくり楽しめるお花見の場所として人気です。 枝垂れ桜や、サトザクラなど、いろいろな桜があるのでお花見の時期が決まったら、お目当ての桜をめがけて行ってみてください。 …

相国寺承天閣美術館

相国寺承天閣美術館の見どころ 伊藤若冲と円山応挙もアクセスと休館日

相国寺承天閣美術館は京都の穴場のおすすめ美術館!相国寺の境内の中にあるこじんまりとした美しい美術館です。 私は「言祝ぎの美」の展覧会へ行ってきました。 展覧会によっては、混雑することがあるとも聞いたの …

京都御苑 紅葉

京都御苑の紅葉の時期と見所 混雑しないおすすめスポット

京都御苑は公園ですので、24時間いつでも開いているのが魅力です。 拝観料も何もないので、自由にのんびり早朝でも行くことができるのが魅力ですね。 秋の京都は混雑してうんざりという人に、おすすめの紅葉スポ …

紫宸殿

京都御所見学は予約無し!時間と所要時間、アクセス、駐車場情報

京都御所は平成28年7月より、いつでも予約の申込みなしで見学ができるようになりました。令和に改元したこともあり、京都御所の見学は人気のようですよ。 かつては御所の一般公開は決まった時期にあり、とても混 …

プロフィール


管理人プロフィール