京都人気観光おすすめスポット~京都在住主婦だからこその地元お役立ち情報~

京都で生まれ京都で育ち京都を愛してやまない地元主婦のブログ。京都の人気観光おすすめスポットで「一般には知られていない現地ならではの生きた情報」をお届けします。名所やイベント情報、私が毎日のお散歩で知り尽くしているリアルで役立つ現地情報や、路線バスやタクシーを使ったお得なルート、穴場の情報も満載。御朱印集めと写真撮影が趣味で、毎日京都の街並みを撮影しています。京都の旅を心行くまで楽しんでくださいね

二条城かいわい

二条城二の丸御殿の見どころを平明図(間取り)でご紹介

投稿日:2018年12月18日 更新日:

二条城 二の丸御殿

二条城の二の丸御殿は国宝です。建物は武家風書院造といって、6棟からなり連なった形をしています。一番の見どころは、3000面以上の障壁画だと思います。

二の丸御殿は一度行ったくらいでは、どのような形をしているのかわかりません。
建物の平面図を書いてみたので、お部屋の紹介をしたいと思います。

二ノ丸御殿の大広間は、1626年(寛永3年)に第15代将軍の徳川慶喜が大政奉還をするのに使われたということで有名ですよね。
当時の生活の様子が伺えるということで、1952年に二の丸御殿は文化財保護法に基づいて国宝に指定されました。


スポンサーリンク


二の丸御殿の平面図(間取り)と障壁画

二の丸御殿の平面図はこのようになっています。
見学する時は、五棟の建物の周りの廊下をぐるりと回って一周して帰ってこれるようになっています。
この廊下は鶯張りといって、歩くと鶯の鳴き声のような音がなります。

二の丸御殿 間取り図

二の丸御殿の建物は、車寄、遠侍、式台、大広間、蘇鉄の間、黒書院、白書院という構成になっており、寛永期に作られた3000面以上の障壁画があります。

1982年(昭和57年)には、そのうち1016面が国の重要文化財になりました。

遠侍の間
入り口である車寄せを上がって、順番にまずは遠侍の間になります。
こちらは、お客様が控える部屋になり、
虎の絵、竹の絵の障壁画になっています。
これは、虎が徳川家の権力の象徴だったということで、ここに飾られていたようです。

式台の間
式台の間ですが、これは徳川家の将軍への献上物などを取り次ぐ場所になっていました。
式台の間と老中の間は背中合わせになっています。

一の間と二の間には,春から秋の景に雁が舞う障壁画になっています。
三の間には、柳に雪がうっすらつもり、鷺が三羽止まっている冬の景色が描かれています。

大広間
二の丸御殿の大広間は、一番豪華な広間となっています。
一の間と二の間が、慶応3年(1867年)10月に、15代将軍慶喜(よしのぶ)が大政奉還(たいせいほうかん)を発表したという場所になります。

今その大広間は、その時の様子を人形に置き換えて表現されています。
人形の数も多いので、その時代にプレイバックしたかのよう。
なかなか見応えがあるのでおすすめです。

一の間が48畳、二の間が44畳あるのでとても広い部屋になっています。
将軍が諸大名と会う為の部屋だったので、大変格式が高い部屋になっています。

床の間、違棚、付書院、帳台構を備えた書院造りになっていて、障壁画は、狩野派の狩野探幽が描いたものです。
大きな松の絵がそうです。ぜひ、実際にご覧になってみてください。

四の間は、武器をおさめていた場所です。
障壁画は「松鷹図(まつたかず)」で、二の丸御殿の中もっとも有名な障壁画となっています。
鷹狩は古来から支配者の権威を示すものとして行なわれていたので、こういう障壁画を徳川家の権威の象徴として描かれたものだと思われます。

黒書院
黒書院は、将軍と徳川家に近い大名や位の高い公家が対面する場所です。一の間と二の間では、桜の絵が障壁画として描かれています。格天井も華やかな色彩で、大広間の雰囲気と比べると柔らかい雰囲気です。襖絵は、狩野探幽の弟の尚信が描いたものです。

白書院
白書院は将軍の寝室であったと考えられています。「御座の間」とも呼ばれます。
この部屋は将軍とお付きの女性のみが入ることが許されたお部屋です。
他の部屋と比べると、落ち着いた襖絵になっており、水墨画が描かれています。

二条城の二の丸御殿の大広間と、黒書院は、二条城のサイトで「パノウォーク」というアプリで見ることができます。
障壁画や天井、庭園などがその場にいるかのように見ることができて臨場感があり楽しいです。
気になる人はぜひ、ご覧になってください。
二の丸御殿の大広間の様子

二の丸御殿の障壁画は模写?本物は展示収蔵館で公開

二の丸御殿の障壁画は、模写障壁画とはめ替えているそうです。
その理由は原画はどんどん古くなって痛んでいくためです。
原画の方は「展示収蔵館」で保管し、二の丸御殿の方に模写したものと交換していくようになっています。
収蔵館に収められた原画の障壁画は、定期的に公開されるので、そちらで見ることができます。

二の丸御殿 展示収蔵館

こちらでは年に4回、原画の障壁画が公開されます。
いつ二条城に行っても見られるわけではないので、事前に確認が必要です。

年に4期(1期あたり60日間)展示されますので、行かれる方は日程を先に確認しておいてください。

例えば平成30年度だと、以下のような日程と内容で公開されています。


スポンサーリンク


平成30年度の二の丸御殿の障壁画 展示収蔵館での公開内容

第1期
虎豹(けもの)たちの楽園 ~〈遠侍〉三の間《竹林群虎図(ちくりんぐんこず)》~
平成30年4月19日(木)~6月17日(日)〔60日間〕)

第2期
松と花鳥 ~ 式台の間,2つの時代の障壁画 ~
平成30年7月12日(木)~9月9日(日)〔60日間〕

第3期
煌(きら)めく秋草 ~〈黒書院〉菊の間の障壁画 ~
平成30年10月4日(木)~12月2日(日)

第4期
探幽(たんゆう)の孔雀 ~ 美しき写実と創作 ~
平成30年12月17日(月)~平成31年2月17日(日)〔60日間〕

入館料は別100円必要です。

二の丸御殿の鶯張りの廊下について

二の丸丸御殿の6棟をとりかこむ廊下すべてが、鶯(うぐいす張り)となっています。
お部屋の周りの廊下はとても広くて、歩きやすいです。

廊下を歩くとキュッキュッと鶯が鳴いているような音になることから、そう呼ばれています。
これは侵入者がわかるように防犯の仕掛けとしてそうなっているという説が正しいとされていましたが、でも実際は時間と共にそのようになったのかわかりません。
議論が分かれているところではありますが、鶯張りの廊下は、構造上図のような理由で、音が鳴っています。

二の丸御殿 鶯張り

人が歩くと、重力によって目かすがいと釘がこすれます。
そのこすれる音が鶯の鳴き声のようだということで、鶯張りと呼ばれています。
経年劣化は建物なら必ずあります。
なので、自然にそうなったように思います。

鶯張りの廊下は、観光客のみなさんが歩くと、それはもうたくさんの鶯が鳴いているかのよう。休日に訪れると、たくさんの人が歩いていて音が鳴り止むことはありません。
とても心地良い音だと思っています。

さいごに
国宝二の丸御殿は、部屋ごとに目的があり、その部屋の目的にあわせた美しい障壁画や天井、屏風があります。
平面図と情報をあわせて観覧すると、より一層楽しいと思います。

時期を変えて、特別に展示されるものもあるので、いつ訪れても新しい発見があります。
展示収蔵館では二の丸御殿の障壁画の原画を保管してあるので、色あせた原画の方もあわせて観覧すると、感慨深いものがあると思います。

-二条城かいわい
-,

執筆者:

関連記事

二条城

二条城へのアクセス(電車、バス、タクシー)最寄りの駅は?

世界遺産(世界文化遺産)二条城への主要な駅からのアクセスについて調べました。 二条城へのアクセス方法は、バス、地下鉄、JR、バス、タクシーなど様々なアクセス方法があります。 私は二条城近くに住んでおり …

二条城 第一駐車場

二条城の駐車場、駐輪場情報(アクセスと料金と時間)

二条城へ車で来た時に利用する駐車場、自転車で来た時に利用する駐輪場の情報を調べてみました。 駐車場は平成29年にリニューアルオープンしたばっかりなので、まだ情報が浸透していないかもしれませんね。 駐車 …

神泉苑

神泉苑の見どころとアクセス アヒル、赤い橋、恵方社、御朱印、お守り情報

神泉苑(しんせんえん)は二条城の近くにある苑池であり、禁苑です。 禁苑とは、天皇の為に作られたお庭のことです。 平安京の内裏の近くに作られ、歴代天皇によって遊宴が行われていた場所なんだそうです。 近所 …

御金神社

御金神社の御朱印の受付時間、お守り、おみくじは?アクセスは烏丸御池からが便利

御金神社(みかねじんじゃ)は京都の金運にご利益があるという神社です。 御金神社の御朱印をいただきに行ってきたので、受付時間などを調べてきました。 お守りやおみくじも金色のものがいっぱい!まばゆいくらい …

御金神社 福財布

御金神社の福財布のご利益はある?値段と時間 売り切れはある? 駐車場は?

御金神社の福財布は金運にご利益がある黄色いお財布です。 人気のお財布なので、残念ながら売り切れてしまう日もあります。 私も金運を上げたいので福財布を買いに御金神社へ行き、お値段や受付時間について、社務 …

プロフィール


管理人プロフィール