京都人気観光おすすめスポット~京都在住主婦だからこその地元お役立ち情報~

京都で生まれ京都で育ち京都を愛してやまない地元主婦のブログ。京都の人気観光おすすめスポットで「一般には知られていない現地ならではの生きた情報」をお届けします。名所やイベント情報、私が毎日のお散歩で知り尽くしているリアルで役立つ現地情報や、路線バスやタクシーを使ったお得なルート、穴場の情報も満載。御朱印集めと写真撮影が趣味で、毎日京都の街並みを撮影しています。京都の旅を心行くまで楽しんでくださいね

北野天満宮かいわい

北野天満宮 梅の見頃 1月2月3月 境内の写真

投稿日:2020年1月20日 更新日:

北野天満宮 紅梅

北野天満宮の梅は早咲きのものから遅咲きのものまであるので、長く楽しむことができますよ。
2020年の1月、2月、3月、時期を変えて梅を見に行くことにしました。
境内の梅の写真を撮りましたので、参考ににしてくださいね。


スポンサーリンク


北野天満宮の梅 1月中旬

1月中旬に梅の様子を見に行ってきました。
この日は、まだ受験シーズン前ということもあり、お参りする人が多かったです。
「思いのまま」という梅の枝もまだ売っていました。
合格梅干しも売っています。
絵馬堂には、書き初めの展示もしてありました。

思いのまま

桜門をくぐり、手水舎横の牛のまわりにある白梅は、少し花咲いているものがありました。
でも全体的にはまだまだなかんじです。

北野天満宮 牛 梅

少し横の宝物殿の横の白梅は、早くも咲き始めたようすです。

北野天満宮 白梅

早咲きの赤い梅はちらほら咲いていました。
こちらは、庭園の入り口にある紅梅です。
枝からぶら下がっている梅がゆらゆらと可愛らしいですね。

北野天満宮 紅梅

三光門へむかう道の左側に、うすいピンクの梅が咲きはじめました。
可愛らしい色合いですね。淡い色合いがほっとします。
全体的には、まだまだ蕾が多いです。

北野天満宮 紅梅

三光門入り口にある白い梅は、ほんの少しだけ咲いていました。
これから先がまだまだ楽しみですね。

北野天満宮 白梅

絵馬掛所の手前、摂社、末社があるところには、「思いのまま」という梅がうわっているようですが、まだまだの様子、手前の方に濃いピンクの早咲きの梅が咲いていました。
この時期、絵馬掛所はたくさんの絵馬でいっぱいです。


スポンサーリンク


本殿の北側に並んでいる、摂社、末社があるところに、「雲竜梅」という白梅が咲いていました。名前の通り、もりもりっとボリュームのある梅ですね。

北野天満宮 雲龍梅

東門へ行く道沿いには紅梅がきれいに咲き初めています。
写真を撮っている人を多く見かけました。

北野天満宮 紅梅

社務所の向かい側にも梅が列をなして植えられています。
一番北側にある紅梅が綺麗に咲き始めていました。

また2月に様子を見に、撮影に行きたいと思います。

北野天満宮の梅 2月中旬

2月の中旬に梅の先具合をチェックしてきました。
今年は暖冬なので、いつもより開花が早いイメージです。梅苑の開苑も1月下旬に早めに行われました。
1月に訪れた時と比べて、多くの梅が咲いていました。

手水舎横の赤目の牛のまわりにある白梅は、見事に咲いており、宝物殿の横の白梅も美しいです。

北野天満宮 梅 牛

北野天満宮 白梅

北野天満宮で人気の品種「思いのまま」も境内で見ることができました。
場所は、三光門へ向かう途中、左側で見つけることができました。
ピンクと白が混ざりあった色がとても淡くて素敵です。

北野天満宮 思いのまま

三光門をくぐると、本殿の境内に入ります。
ここで目に入るのが飛梅です。
伝説にもなっている飛梅も先始まっており、観光客の方も目を細めて喜んでる様子です。

北野天満宮 飛梅

本殿の西側には、摂社、末社が並んでおり、そこに「源平咲き分け」という品種があります。
「源平咲き分け」は1本の気に紅白の梅を咲かせるという品種です。
こちらは、まだあまり見頃ではなさそうでした。

源平咲き分け 北野天満宮

また3月に梅を見に訪れたいと思います。


スポンサーリンク


-北野天満宮かいわい
-, ,

執筆者:

プロフィール


管理人プロフィール