京都人気観光おすすめスポット~京都在住主婦だからこその地元お役立ち情報~

京都で生まれ京都で育ち京都を愛してやまない地元主婦のブログ。京都の人気観光おすすめスポットで「一般には知られていない現地ならではの生きた情報」をお届けします。名所やイベント情報、私が毎日のお散歩で知り尽くしているリアルで役立つ現地情報や、路線バスやタクシーを使ったお得なルート、穴場の情報も満載。御朱印集めと写真撮影が趣味で、毎日京都の街並みを撮影しています。京都の旅を心行くまで楽しんでくださいね

西山かいわい

善峯寺で紫陽花デート 御朱印と松の情報も

投稿日:2019年6月17日 更新日:

善峰寺 紫陽花

善峯寺(よしみねてら)の紫陽花の見頃7月初旬まで続くとのことで、さっそく行ってまいりました。
紫陽花はロマンティックでデートにおすすめ!ハートの紫陽花も見つかるといいですね。善峯寺には、遊龍の松という日本一の松もあります。
どんなものか興味シンシン。写真を撮ってきました。もちろん御朱印もいただきましたよ。
山の中にあるお寺なので、起伏が結構あります。ちょっとした運動にもなって気分爽快でしたよ。
境内は見どころがたくさんあり会話もはずみますよ。


スポンサーリンク


善峯寺の紫陽花はデートにおすすめ

善峰寺 あじさい苑

善峯寺の紫陽花は「白山 桜あじさい苑」という名前がついています。
春はしだれ桜、夏は紫陽花で美しく丘を彩ります。

善峰寺 紫陽花

善峯寺のハートの紫陽花もインスタで見かけたりしたので、見つかるといいなあと思って探してみました。
ぜひデートで善峯寺に行くのもおすすめ。美しい紫陽花にお話も盛り上がりそうですよ。

善峰寺 山門

紫陽花は、山門をくぐり、右手右手の方へ行ったところにあります。
まず手前には、幸福地蔵があるやぐらのような建物があります。

善峰寺 幸福地蔵

こちらから見るあじさい園は、見事です。

ここでお参りをしてから、あじさい苑へと下りていきます。
(歩きやすい靴がいいですよ。)

善峰寺 紫陽花

広さは三千坪あるそうで、紫陽花の種類は、セイヨウアジサイ、ガクアジサイ、ヤマアジサイです。
約八千株の紫陽花があり、丘の斜面を美しく彩ります。
ちょうど私が行った時は、霧のような雨が降っていたので、より情緒が増して美しかったです。
紫陽花の色合いと、雨の景色は、とてもマッチしていると思います。

善峰寺 ハート あじさい

ハートの紫陽花はこれでしょうか。
ちょっと裏からのぞいてみました。
全部がハートではないのですが、きっと偶然にもハートの形になっているのだと思います。

なのでいびつなハートの紫陽花もたくさんありました。
きっと綺麗なハートの紫陽花も探せば見つかると思います。
デートで見つけに行くのも一つの楽しみですよね。

善峰寺 紫陽花

一番下まで降りてきました。
ここから斜面を見上げる紫陽花もとても美しいです。
青、ピンク、白、水彩画のような美しい紫陽花が映えてます。

善峰寺 紫陽花

善峯寺の御朱印

善峰寺の御朱印は、山門をくぐり階段を登った観音堂(本堂)の前で受付しています。
善峰寺は、西国三十三所の巡礼のお寺第20番でもあります。
なので御朱印もそれにちなんだものがありました。
善峰寺 観音堂

御朱印はいくつか種類があり、

西国三十三所観音霊場 20番
京都洛西観音霊場 1番
薬師堂の御朱印

があります。

善峰寺 御朱印

私は、一番良く出るという「西国三十三所観音霊場 20番」の御朱印をいただくことにしました。
御朱印の料金は300円です。

私がいただいた善峯寺の御朱印がこちら
御朱印の真ん中に、大悲殿と書かれています。

善峰寺 御朱印

大悲殿の「大悲」は観音菩薩の別名で、大悲殿は観音菩薩が安置されている建物のことをさします。
左上に押してある印は、西国三十三所の特別印です。
こちらは限定のものらしく、2020年までいただけるとのことでした。

善峰寺 散華

一緒に散華(さんげ)も頂いたのですが、ここに「劫」という文字が書かれていました。
観音経の一文字をとってあって、三十三所すべてのお寺で一枚ずつあるとのこと。
それを集めていくと、観音経の一説になるそうです。

御朱印をもらう列はそんなに並んではいなくて、窓口も3つあるので待つことはありません。
書いてくださる人もとても親切。いろいろ説明してくださいました。


スポンサーリンク


善峰寺の松(遊龍の松)の写真

善峰寺の松は遊龍の松という名前がついており、国定指定記念物です。
日本一の松とうたっているので、どんな松なのかとても興味ありました。
遊龍の松がある場所は、山門をくぐり、観音堂の右手を少し行ったところ、多重塔の前にあります。

善峰寺 あじさい苑

松の種類は五葉松といって、樹齢は600年以上にもなります。
高さは3メートルくらいしかないのですが、全長が37メートルもあり、横へ横へと龍のように伸びているんです。

善峰寺 松

この松の幹が伸びていく様子が、臥龍の遊ぶように見えるので、安政4年(1857)、花山前右大臣家厚公により「遊龍」と名付けられたということです。

善峰寺 松

横に長過ぎて写真一枚には収まらないくらいの大きさ。圧巻です!
平成6年に松くい虫の被害により、全長50mほどの松が15mほど切られたということですが、それでも相当な長さですね。

さいごに

善峰寺に車で行ってきました。
駐車場の入り口は少し10分ほど並びましたが、駐車場は十分な広さがあり、入れないということはありません。
入り口が一つなので、少し時間がかかる様子でした。

私が行った時はちょうど小雨がふり、紫陽花がより美しく見えて楽しむことができました。
日本一の松も見応え抜群!本当に龍のように見えます。
御朱印をいただくのも親切で、種類についても説明してくださいました。
お寺の境内は広く、起伏があるので、ちょっとした運動になりおすすめです。

-西山かいわい
-, , , ,

執筆者:

プロフィール


管理人プロフィール