京都人気観光おすすめスポット~京都在住主婦だからこその地元お役立ち情報~

京都で生まれ京都で育ち京都を愛してやまない地元主婦のブログ。京都の人気観光おすすめスポットで「一般には知られていない現地ならではの生きた情報」をお届けします。名所やイベント情報、私が毎日のお散歩で知り尽くしているリアルで役立つ現地情報や、路線バスやタクシーを使ったお得なルート、穴場の情報も満載。御朱印集めと写真撮影が趣味で、毎日京都の街並みを撮影しています。京都の旅を心行くまで楽しんでくださいね

仁和寺かいわい

妙心寺 退蔵院の庭園、国宝の瓢鮎図、お茶とお菓子(抹茶席)の内容

投稿日:2019年4月17日 更新日:

退蔵院 余香苑

妙心寺退蔵院の庭園は枯山水の庭園と、池泉回転式庭園の余香苑(よこうえん)があり、季節の花もたくさん観ることができて大変おすすめです。禅寺特有のシンプルさが、より花の美しさを引き立てているよう。
国宝の瓢鮎図を鑑賞し、お抹茶席でお茶とお菓子をいただきながら、ゆっくりとした時間を過ごしてきましたので、写真でご紹介したいと思います。
とても静かなお寺なので、京都の大人デートにもおすすめです。


スポンサーリンク


妙心寺 退蔵院の庭園の見どころ

退蔵院 元信の庭(枯山水庭園)

退蔵院 元信の庭

方丈の横にある、元信の庭は、白砂と石で作られた枯山水の庭園です。
元信とは、室町時代の狩野元信のことで、このようなお庭の名前がついています。
後ろの方に常緑樹が植わっており、木の種類は、やぶ椿、松、槇、もっこく、かなめもちで一年中変わらない美しさを保っています。

退蔵院 元信の庭

今回はお庭に降りることができなかったのですが、方丈から十分に眺めることができました。
元信の庭は、昭和6年(1931年)に、国の名勝史跡庭園に指定されました。

退蔵院 陰の庭、陽の庭(枯山水庭園)

大きな紅しだれ桜の両脇に、陽の庭と陰の庭とが対照的にあります。
陽の庭の砂利は白く、陰の庭の砂利は黒くなっており、物事は、人の心には、には陽と陰の二面性があるということを表しているそうです。

退蔵院 陰の庭

陽の庭には8つの石が、陰の庭には7つの石が配置されています。
紅しだれ桜と砂のコントラストが美しく思いました。

退蔵院 陽の庭

退蔵院 余香苑(よこうえん)と水琴窟

退蔵院 余香苑

退蔵院の余香苑(よこうえん)は、とても広く、造園家である中根金作氏の設計で作られました。
昭和38(1963)年に着工し、3年かかって完成した池泉回転式庭園で、昭和の名園と呼ばれているお庭です。

退蔵院 余香苑

正面からみると、視界が広くて爽快に感じます。
池や滝が流れ、水の音、せせらぎがとても心地良いお庭です。
錦鯉も美しく優雅に感じられます。

退蔵院 ひょうたん池

四季を感じる花も植わっており、紅しだれ桜、藤、サツキ、蓮、金木犀、楓が目を楽しませてくれます。

水琴窟のしかけもあるのですが、耳をすませると、蹲(つくばい)の水が、土の底にしかけてある瓶に反響して、とても良い音を響かせてくれます。こういう風情を楽しめるのも日本人の良さですよね。

退蔵院 水琴窟

雨の日に行ったのでよりいっそう雰囲気が出て素敵でした。
土の中に埋まっている瓶は、直径60cm高さ90cmくらいの素焼きの信楽焼のものだそうです。

退蔵院 水琴窟

余香苑(よこうえん)には奥の方に藤棚があり、ひっそりとしているので、ゆっくりと時間を過ごすことができます。
人混みを避けたい人の京都デートにおすすめです。

妙心寺 退蔵院の国宝 瓢鮎図(ひょうねんず)

退蔵院の方丈にある瓢鮎図(ひょうねんず)は、山水画の始祖といわれている如拙(じょせつ)の作品で国宝に指定されています。
鮎と書かれていますが、これがナマズの意味なんだそうです。

退蔵院 瓢鮎図

室町幕府の足利義持の命によるもので、この絵は、ひょうたんでなまずを捕まえようとしている男が描かれています。「ただでさえ捕まえにくいなまずを、瓢箪で捕まえようとする。」という矛盾を解決させようとして、禅僧に賛詩を書かせました。


スポンサーリンク


こういった、不可能な問いは、禅の公案(修行の為の問題)として、なされていたそうです。
絵の上の方には、禅僧の回答が書かれています。(意味はさっぱりわかりません。^^;)

退蔵院 お土産

国宝の瓢鮎図(ひょうねんず)の「なまず」から、退蔵院のシンボルとしてナマズが使われています。
お土産やお菓子などに、なまずが描いてあったり、色紙があったりして面白いですよ。

お土産にもいろいろナマズが使われていました。
お庭の池の名前はひょうたん池だったりします。
ぜひ、いろいろ探してみてください。

妙心寺 退蔵院の抹茶席(お茶とお菓子)

妙心寺退蔵院では、500円の料金で、抹茶席がある大休庵でお抹茶とお菓子をいただくことができます。
赤い毛氈の敷かれているお部屋で、大きな窓から外の美しいお庭の景色を眺めることができます。

退蔵院 大休庵

大休庵はとても広いので、どこの座っても景色を楽しむことができるように、雪見障子となっています。
お茶菓子は退蔵院オリジナルのものということで、なまずの絵が描いてありました。
使われている懐紙も、ナマズの絵柄がついていました。

退蔵院 お菓子

お菓子はしっとりとした口あたりで、ザクッとした食感。ほんのり酸味も感じられ美味しくいただきました。
茶席に向かう途中の売店では、なまずをモチーフとしたお土産が売られています。
こちらの売店でお抹茶券(500円)を買うことができますので、時間のある人はゆっくり一服されることをおすすめします。

退蔵院 売店

また売店の中にもちょっと休憩できるスペースがります。
お庭を眺めながらほっこりできますよ。

おみやげにもたくさんナマズが使われています。
もちどらというお菓子にもナマズの焼印があるのですが、おしゃれでなかなかセンスがいいお菓子です。
お茶席でも使われていた懐紙も、ちょこっとナマズが印刷されていて、かっこいいなあと思いました。

退蔵院 お土産

永楽屋さんとコラボした瓢鮎図の手ぬぐいは、飾ることもできるので、とても重宝しそうですね。
一つ一つのアイテムにセンスが感じられるお土産なので、選ぶのも楽しめそうです。

さいごに

妙心寺退蔵院のお庭は、とてもおすすめです。
禅寺の厳かな枯山水のお庭の雰囲気と、控えめながらも季節の花の美しさのバランスがとても素晴らしい調和のとれたお庭を両方楽しむことができます。
お茶席の大休庵では、お茶とお菓子を楽しみながら、景色を堪能することができます。
そんなに広くないお寺ですが、じっと立ち止まって、ゆっくりと時間を過ごしたくなる、そんなお庭です。
普段忙しくしている人ほど、心に染み渡るような空気を感じることができそうです。
ぜひ、訪れてみてくださいね。

-仁和寺かいわい
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

仁和寺の御室桜の見頃はいつ?桜の特徴は?拝観料は必要?

仁和寺の御室桜は、京都の遅咲きの桜として有名です。 4月の中旬頃に満開を迎えて、京都観光の中でも人気の桜スポットですね。 御室桜は背が低い桜なので、視線の高さで桜を楽しめるのが魅力だと思いますよ。 仁 …

妙心寺 退蔵院 桜

妙心寺 退蔵院の桜の見どころ、御朱印と御朱印帳の料金、駐車場とアクセス

妙心寺退蔵院の桜といえば、紅しだれ桜です。 こじんまりとしたお寺なのに、入ると広くてきれいなお庭があり、ところどころに休憩できる茶店やお茶席、ベンチなどがあるので、京都のお忍びデートにもおすすめ。 例 …

龍安寺 御朱印

龍安寺の御朱印のもらえる場所はどこ?石庭とつくばいの場所は?

龍安寺(りょうあんじ)で御朱印をいただいてきたので、写真をブログにアップします。 ひと目で龍安寺の御朱印だとわかるデザインで、とても気にいりました。 いただける場所を地図に書きましたので、ぜひ参考にし …

仁和寺 御朱印帳

仁和寺の御朱印の時間と場所、御朱印帳の値段と通販について

京都の仁和寺の御朱印と御朱印帳はどこでいただけるのか(買えるのか)、時間と場所、お値段について調べてきました。 仁和寺は我が家から自転車で15分ほど。ちょうどよいサイクリングになりました。 さっそくマ …

僕の初恋を君に捧ぐ お守り 仁和寺

京都 仁和寺のお守りの種類 人気の縁結びはどれ?通販はできる?

京都の縁結びのお守りとしても人気なのが、仁和寺のクローバーのお守りです。 映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」で出ていたクローバーのお守りもあります。 他にも御室桜のお守りや、桜をモチーフにしたかわいいお守り …

プロフィール


管理人プロフィール