京都人気観光おすすめスポット~京都暮らしのブログ

京都生まれ、京都育ちの地元主婦「もこ」のブログ 。京都観光や、京都に住みたいと考えている人に役立つ情報を心がけています。 京都暮らしをしている私のリアルなイベント情報やお散歩写真をお楽しみください。 趣味は御朱印集めとカメラです。

長岡京市

長岡天満宮の見頃の梅と八条ヶ池の写真 3月中旬

投稿日:

2022年の春、長岡天満宮の梅林へ梅を見にお出かけしました。
この年はちょっと梅の開花は遅め。寒い日が多かったせいでしょうか。
私が行ったのは3月の中旬で、紅梅は終わりかけ、白梅が見頃を迎えていました。
長岡天満宮は学問の神様である菅原道真公をお祀りしている神社です。
菅原道真公は梅をこよなく愛していたということで、たくさんの梅が植えられています。

長岡天満宮 本殿 梅


スポンサーリンク


長岡天満宮の最寄り駅は阪急京都線の「長岡天神駅」で徒歩10分くらいです。
JRの「長岡京駅」の西口からは徒歩20分くらいかかります。

長岡天満宮

駅から天満宮へ向かうとまず見えるのが大きな鳥居と広い八条ヶ池です。

長岡天満宮 八条ヶ池

八条が池が広々と横に広がり、鳥居がとても大きく感じました。
まずは先に参拝を済ませて、さっそく梅林を見に行くことにしました。

長岡天満宮 本殿

御本殿の周りを取り囲む、白梅としだれ梅が満開でとても美しい!
特に、紅梅殿の前にあるピンク色のしだれ梅が可愛らしくてとてもきれいでした。
しだれ梅ごしのお写真がこちら

長岡天満宮 本殿 梅


スポンサーリンク


本殿の左手に行くと梅林があります。
梅林に入るのに拝観料は必要ありません。無料で梅を楽しむことができますよ。
梅の種類がたくさんあって、名前を確かめながら楽しめるのがいいですね。

長岡天満宮 梅林

ところどころにベンチがあるので、座ってゆっくり梅を鑑賞することもできます。
そんなに広くはないのですが、ぐるっと一周ゆっくり散策してみました。

長岡天満宮 梅林

梅のつぼみもぷくぷくしていて可愛いですね〜。
私が好きな品種は、ピンクの花びらと白い花びらが混ざり合う「思いのまま」という品種です。
運良く咲いていたので、お写真を取りました。


スポンサーリンク


長岡天満宮 思いのまま

青軸梅も好きな品種で、枝の色が青いのがとても美しいと思います。
とても天気の良い日でお散歩楽しむことができました。
この梅林は公園とつながっているので、犬を散歩させている人もチラチラお見かけしました。

長岡天満宮 八条ヶ池

長岡天満宮の手前に広がる広い大きな池が、八条ヶ池です。
もともとは、寛永15年に八条宮智忠親王が作られた池で、灌漑用の溜め池だったとのこと。

八条ヶ池

ちょうどこの池の真ん中が参道になっており、本殿へとお参りする道になっています。
正面の大鳥居を通って、池の橋を渡ったところに、有名なキリシマツツジがあります。
シーズン以外は通り抜け禁止になっているようです。また改めてこちらも見にきたいです。

長岡天満宮 キリシマツツジ

八条ヶ池には檜で作られた、くねくねと散策できる水上橋があります。ここからの眺めは開放的。ゆっくり散策するのにとてもおすすめです。
池には、水鳥や、鯉、亀がいて、小さいお子さんも楽しめそうです。

長岡天満宮 八条ヶ池

水上橋の途中には、六角形をしたお休み処があります。
こちらは屋根があって、休憩するのに最高なところです。
わたしもここで一休みしました。

長岡天満宮

私が行ったのは梅の季節ですが、水上橋から道路側をみると桜の並木道が見えます。
桜の季節だときっと最高ですね。
ライトアップもされるようです。

長岡天満宮 八条ヶ池

また、池のはしの方には、菖蒲が植えられていました。5月に訪れると見られると思います。いろいろな季節に楽しみがあって素敵なところですね。


スポンサーリンク


-長岡京市
-,

執筆者:

プロフィール


管理人プロフィール